転職の際に書く職務経歴書で大事にしたいポイント

転職をする場合、まず最初にしなければならないのは職務経歴書に何を書くかです。職務経歴書は前職、もしくはその前の職場においてどういった仕事をこなしてきたのか、どのような成績を残してきたのかを書くもので、転職の際には職務経歴書を必須とする企業が大半を占めています。

その際に、職務経歴書をどう書いていけばいいのか、頭を悩ませる人が多くいます。


ここで大事なことは、職務経歴書に書かれていることが嘘偽りないものであることを証明することです。

ビジネスジャーナルの欲しい情報が手に入りました。

証明するといっても、証明書が会社から発行されるわけではなく、結局のところは面接のやり取りで本当にそのようなことをした人なのだと思わせなければなりません。


職務経歴書に書かれていることがとても立派で輝かしい実績なのに、待遇が悪い、発言の内容からは全くそのようなことを感じないなど、職務経歴書の内容が誇張されていると思われてしまえば、転職はうまくいきません。かといって、あまりに内容が薄いものでは印象にも残らず、それでいて期待も持てず、やはりうまくいかないでしょう。

職務経歴書を書くにあたり大事なポイントは、具体的な数字を使って書くことです。

宮城の転職関する情報選びで困った時に見てほしいサイトです。

売り上げがこれしかなかったのをこれだけにしましたと具体的な数字を出して説明し、その売り上げにどう貢献したのかを説明することでイメージしやすく、事実なのだろうと思わせるに至ります。


そのため、職務経歴書に書く場合、どの事実を書くか、それにどれだけ関わっていたのかをまとめ、それを正確に説明できる練習を重ねて面接に臨むことをおすすめします。